前へ
次へ

交際クラブ・パパ活で使われる「顔合わせ」や「お手当」とは?

交際クラブやパパ活をしていると専用の用語が出てきますよね。
用語を知ることによってパパ活の全体的な流れやパターンが分かったりします。
詳しく見ていきましょう。
■知っておきたい!交際クラブでよく使われる業界用語●「顔合わせ」顔合わせとは通常結婚を控えている男女の両家が食事をすることを指しますが、パパ活界隈ではマッチングした人と初めて会うことを指します。
交際クラブでは「顔合わせ」までがコンシェルジュが行ってくれます。
交際クラブで顔合わせを行った場合、「交通費」としてお手当を渡すよう男性会員には交際クラブより指示がされています。
初回の顔合わせでお手当をくれないパパとは即効切っても良いかと思われます。
●「アポ」ビジネス用語で使われる意味である「アポイントメント」と同じです。
パパ活の顔合わせやデートの際に使われます。
●「お手当」パパ活を行っている女性がパパからもらうお小遣いのことです。
お小遣いだとパパの気分次第によってあげたりあげなかったりでも良いニュアンスなのでお金の響きを抑えた「お手当」が使用されているのではないかと予測されます。
●「応援」お手当をもらっていることをもう少し砕いた言い方になります。
「学費がきつくて応援してもらっている」「今は27歳の子を応援している」などの使われ方をします・●「大人」大人はつまりパパとの肉体関係があることを指します。
パパ活は肉体関係無しで行うものなのでお手当が欲しくて無理をしないようにしましょう。
●「サポ」「大人」と同義です。
サポートという意味ですが意味合いはパパとの肉体関係があることを指します。
●「ドカタ」「大人」「サポ」と同義です。
肉体関係のあるパパとのデートは体を酷使するという意味合いがあるので肉体労働のような点が似ているという点で使われているようです。
●「プチ」「大人」の関係を結んではいないけれども、ソフトな肉体関係のあることを指します。
「プチ」にも相場があり、追加で5,000円~1万円が相場のようです。
●「リピ」顔合わせの後に決裂せず、次も会う予定になった、会おうかなと思っている場合は「リピ」になります。
繰り返しを意味するリピートが語源ですが、その後も何度も会うようになった人のことを指します。
●「長期」リピートを繰り返し、長期会っている状態にある関係を指します。
交際クラブで出会う出会いは短命なことが多く、長くても5回程度で会わなくなることがほとんどです。
そのため3カ月以上会っているようなパパは「長期」の関係にあると言えるでしょう。

Page Top